スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
パンドラの匣






パンドラの匣 
もうかれこれ3回以上は見てるくらい好きな映画


こういうのを「文学的」って言うのかわからないけど
シュールなのが好きな人は好きだと思う

なんか台詞のセンスが好きです
「よーしきた。」


ただ富永監督は日芸....
日芸には敵対心がある。(凄いどうでもいい
映画 - trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://okakasoboro.jugem.jp/trackback/465
<< NEW | TOP | OLD>>